2019年05月10日

FUJIFILM GFX 50R と FUJIFILM X-H1

3日間ほど、福島県と茨城県の取材旅に出ました。
里では、桜のシーズンを終えて新緑やツツジが目に眩しかったです。

中版デジタルカメラの FUJIFILM GFX 50R を導入し、これまで使ってきた FUJIFILM X-H1 との併用が、約1ヶ月間になりました。

FUJIFILM GFX 50R で撮影することによってピント合わせの大切さを改めて知り、それにより、被写体の観察力が増しています。また、センサーが大きいので細部の描写がすごいので、フィールドでこれまでと違う光が感じられるようになっています。フイルムで写していた昔の、大型カメラ 4×5 で写しているようなカメラの楽しさを感じています。その一方で、FUJIFILM X-H1 の手持ち撮影頻度が増して、撮影の幅が広がっているように思います。益々、写真が面白い!

FUJIFILM GFX 50R

 

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1

 

 

–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –
佐藤尚写真集「47 サトタビ」

全国書店や当サイト内で発売中。僕は田舎に恋をした。全国47都道府県の海・山・里。
2950円(送料360円)。是非お買い求めください!

 

 

 

風景写真家 佐藤尚公式通販サイト

2019年05月10日 | Posted in 佐藤尚の日常 | | No Comments » 

関連記事