2019年05月12日

美しい風景の宝庫な鮫川村

昨夜、テレビで福島県鮫川村を特集していたそうです。
友達からご連絡いただきながら気づけず観れませんでした。

昨年から、夏、秋、冬と鮫川村を撮影してきました。
その理由を皆様にはお伝えし忘れていましたね。村のパンフレットのためだったのです。風景写真を担当し、気ままに訪ねて撮影をしてきました。風景写真は、どんな時もどんな天気でも写せるとは言っても、晴天や季節の旬は大事です。全国を動きながら、タイミングを計り行動したので大変でしたが、夏の天の川、秋の紅葉、冬の降雪など季節の風景を冷や冷やしながら抑えられました。やりがいがありました。

既に、作品は納品してパンフレットになっています。だから、もう仕事としては撮らなくてもいいのです。けれども、春の桜や初夏のツツジを訪ねて、撮影は続けています。初夏の水田風景や盛夏のヤマユリ咲く風景など今後に行く予定です。ホタルも撮りたい。

最初、鮫川村は何も知らない場所で、何が撮れるか不安もありました。まず2日間は村中の道路を車でたくさん走り、気になるところは歩いて、土地との距離感を縮めるようしました。徐々に出合いが増えていきます。鮫川村は、美しい風景の宝庫だったのです。光は降る、水は踊る、花はきらめく、住んでいる人も穏やかで素敵なのです。

 

また、どこか“村”や“町”や“地域”を写す仕事がやりたいです。風景の再発見や新発見に喜びを感じました。

また、鮫川村を撮り続けていって、抱いている“鮫川村でやりたいこと”を実現しようと思います。

 

ライフワークの「新潟県魚沼」も「埼玉県見沼田んぼ」も、そして、「福島県鮫川村」も、明確な被写体がありません。そんな場所を、自分の視点を頼りに撮影するのが好きです。

 

–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –
佐藤尚写真集「47 サトタビ」

全国書店や当サイト内で発売中。僕は田舎に恋をした。全国47都道府県の海・山・里。
2950円(送料360円)。是非お買い求めください!

 

 

 

風景写真家 佐藤尚公式通販サイト

2019年05月12日 | Posted in 掲載誌, 佐藤尚の日常 | | No Comments » 

関連記事