2020年05月20日

近所のカメラ散歩は単焦点レンズ

カメラ散歩は、FUJIFILM X-H1と単焦点レンズ2本で出ています。
主に、XF56mmF1.2 R と XF16mmF1.4 R WR です。

ズームレンズは便利だけれど、散歩スタイルの時は“縛り”がある単焦点レンズのほうがいい。「レンズがないー!」とか「近寄れないー!」くらいがいいんです。潔さが感覚を刺激する。ほんとは1本でもいいくらい。

昨日と今日は、 XF60mmF2.4 R Macro も持っていきました。マクロレンズ といって花や虫などがとても近くからアップで撮れるレンズです。

朽ちたバラの花の色調が渋いので撮ろうと思って近づいてみると、「テントウムシの幼虫を発見!」。散歩中にマクロレンズを持っていたから花にグッと近づく意識がありました。近寄ったことで虫に出会えました。うれしいー。

調べてみると“ナミテントウ”の幼虫でした。“ナナホシテントウ”の幼虫と似てますね。

 

むしゃむしゃむしゃ・・・、おいしく食べてましたよ。

 

 

 

–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –
風景写真家・佐藤尚のオンラインサロンでは、新作写真に  300~400字の写真解説を加えてほぼ毎日更新しています。昨今は、SNSではなくオンラインサロンに最近撮影した新作を上げています。月額800円です。よろしくお願いします。

DMM オンラインサロン「47里ほっと」

 

 

2020年05月20日 | Posted in 佐藤尚の日常 | | No Comments » 

関連記事