2020年07月15日

撮影にレンズを何本持っていく?

「撮影にレンズを何本くらい持っていくんですか?」
「そうだなあ4本くらいかな~」

少し前に写真愛好家さんから質問されたので、
撮影している様子をブログでお伝えしておきます。

撮影時はショルダーバックです。立ったままレンズ交換が直ぐにしたいからです。ずっと以前はカメラザックを背負っていました。ザックを地面に置くと自分の動きが止まるから、それが嫌でスタイルを変えました。

メインの中版カメラ FUJIFILM GFX はズームレンズを2本しか持っていません。それと、APS-Cサイズのカメラ FUJIFILM X-T4 とレンズ3~4本くらいをカメラバックに入れて歩きます。
APS-Cサイズのカメラのレンズは、主に、標準ズーム、望遠ズーム、広角ズーム、中望遠単焦点、広角単焦点の中から、撮影のために歩く前に、その都度に選択してバックに収めます。重くなるのは絶対に嫌です。コンパクトさを大事にし、撮影現場で撮りたい画角のレンズがなくても、どうにかするか、諦めるかしています。

時には、FUJIFILM GFX は持たずに FUJIFILM X-T4 だけで歩きます。単焦点レンズは優先して持っていきます。

超望遠ズームやマクロは、私の場合は常用ではないので、必要な時にだけ引っ張り出します。

FUJIFILM X-T4 + XF60mmF2.4 R Macro
新潟県南魚沼市 2020年6月26日

 

–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –

写真集「47サトタビ」は全国47都道府県の風景写真集です。あなたの故郷があります。 WEBサイト「47サトタビ ~ 風景写真家 佐藤尚 の公式通販サイト」 にてご購入いただけます。価格は3,000円(税込)、送料は370円です。サイン入りもご用意しています。

佐藤尚写真集「47サトタビ」

 

 

 

 

2020年07月15日 | Posted in 佐藤尚の日常, 魚沼の風景写真 | | No Comments » 

関連記事