PROFILE

 佐藤 尚(さとうたかし)

1963年福井県生まれ。
1984年東京写真専門学校卒業後、山岳写真家・風見武秀氏に師事。
1990年にフリーとなり、日本各地の農村風景、自然風景、などを対象に撮影を続け、新潟県魚沼、埼玉県見沼田んぼ、をライフワークとして取材している。近年は、47都道府県の懐かしくほっとする一味違う日本の原風景を撮影している。主に、雑誌、業界誌、カレンダーなどに作品を発表。その傍ら、写真ワークショップ「里ほっと」を地元埼玉県で開いている。

主な個展に、2014年「里の風景」フジフイルムスクエア、2015年「In the Heart of Japan」モントリオール市立植物園、2017年「47 ぼくのより道~ガイドブックにないニッポン探訪」フジフイルムスクエアなど。

写真集に、「こころの故郷-魚沼の風景を撮る」(恒文社)、「47 サトタビ」(風景写真出版)。

埼玉県戸田市在住。
日本写真家協会会員。日本風景写真家協会会員。

WEB  http://www.satophoto.net/

 

 

 

 

 

写真集

「こころの故郷-魚沼の風景を撮る」(恒文社)。
「47 サトタビ」(風景写真出版)。 → 内容の紹介はコチラ

 

写真展

[個展]
2003年、個展「こころの故郷-越後魚沼の情景」ペンタックスフォーラム。
2011年、個展「こころの故郷-魚沼の風景を撮る」CoZAの間。
2014年8月、個展「里の風景」フジフイルムスクエアミニギャラリー。
2015年1月、個展「里の風景」富士フォトサロン名古屋(巡回展)。
2015年5月、個展「里の風景」富士フォトサロン福岡(巡回展)。
2015年5月、個展「里の風景」富士フォトサロン調布(巡回展)。
2016年7月、個展「里の風景」富士フォトサロン仙台(巡回展)。
2015年4月、個展「In the Heart of Japan」モントリオール市立植物園の日本庭園日本館。
2017年3月、個展「47 ぼくのより道~ガイドブックにないニッポン探訪」フジフイルムスクエア。
2017年8月、個展「47 ぼくのより道~ガイドブックにないニッポン探訪」富士フォトサロン大阪。
2017年10月、個展「47 ぼくのより道~ガイドブックにないニッポン探訪」富士フォトサロン仙台。

[共同展]
1996年、1998年、2000年、共同写真展「地球この美しい自然」富士フォトサロン。
2008年、2010年、2012年、共同写真展「日本風景写真家協会展」富士フイルムフォトサロン。
2013年、Photografers9人展「風景との対話」 ポートレートギャラリー。
2014年、共同写真展「日本風景写真家協会展」 富士フォトギャラリー新宿。
2015年1月、「魚沼ベストショット展 Part Ⅳ」池田記念美術館。
2015年6月、共同写真展「ニッポンの絶景鉄道」写真展ギャラリー・アートグラフ。
2015年7月、日本風景写真家協会写真展「日本の里」ギャラリー・アートグラフ。
2015年9月、里ほっと 「見沼たんぼ写真展 悠なる四季彩」さいたま市市民活動サポートセンター。
2015年10月、『風景写真』誌競作展「にほんごの色―あきいろ― 」フジフイルムスクエア。
2015年11月、東京ビジュアルアーツ・校友会「校友会創立50周年記念写真展」ポートレートギャラリー。
2016年3月、共同写真展「日本風景写真家協会展」 ポートレートギャラリー。
2016年8月、富士フォトギャラリー銀座 オープニング写真展「Professional Photographer 60人展」。
2017年1月、「魚沼ベストショット展」池田記念美術館。
他共同写真展あり。

 

———-

長野県長野市戸隠地域で何度も行ってきた農業体験で地域隣人との交流の大切さを学びました。東日本大震災では地元住民同士のコミュニケーション不足を痛感しました。中越地震より以前から足を運び今なお定期的に通っている潟県長岡市川口の木沢集落では人と人の絆を知りました。だから、地元埼玉県で人と人とのつながりを構築するために写真ワークショップ「里ほっと」を行っています。写真撮影の楽しさを伝えながら、年齢や性別や職業や地域を超えた多世代間交流をすすめています。

47都道府県を撮影してきて、ニッポン の素晴らしさを感じています。
人 って悪い人はいない。

お仕事のご依頼はどうぞ遠慮なくご連絡下さい。

最近では、写真に捉われず活動の幅を広げています。