2024年07月10日

セミナー「はじめよう!スナップネイチャー」のレシピ

写真を始めたばかりで、どのように楽しめばいいのかわからなかったり、事情があって遠くに行けず写真を撮れなかったり、様々な理由で写真を中断したり諦めようとしている方々へ、気軽に写真を楽しんでみませんかと伝えたいです。

地元で開催しているワークショップ「里ほっと」の参加者たちの写真の楽しみ方は素敵です。みんなマイペースで、それぞれのペースで写真を楽しんでいます。私はその仲間たちから写真の楽しさをたくさん学びました。特に、被写体を見つける視点は本当に素晴らしいです。コロナ禍では、近所を散歩しながら写真を撮影することを楽しみました。写真を撮ることの楽しさだけでなく、様々な視点が増え、撮影技術を身につけ、その後は全国各地での撮影に応用できるようになりました。「まず1枚」を撮ることの大切さや、「足の動き」で写真を撮ることの重要性を強く感じるようになりました。気づいたら、何でも撮ることが楽しくなっていました。

自然と人工の区別を超えた写真表現を「スナップネイチャー」と名付けて提唱しています。決まり事なんてありません。気軽にどこでも、何でも撮る写真の楽しさを知っていただきたいと思っています。

 

昨日に開催した富士フイルムさんのセミナーのスライドのレシピです。

 

はじめよう!スナップネイチャー
~「撮る」から「見せる」まで身近な自然写真の楽しみ方~

▼どんな場所にも被写体はある

  • 公園や街
  • 自然と人工の区別を越えて写真を楽しむ

 

▼撮るパターンを持っておく

  • 植物と幹
  • 植物と壁
  • 植物の平面構図
  • 水面

 

▼基本の撮影アプローチ

  1. まず1枚
  2. 歩く、動く、観察する
  3. 色、形、線を意識する
  4. 量を撮り試して失敗して技術を身につける

 

▼写真展「nukumori」からの作品紹介

  • 擬人化
  • ボケ
  • 写真だからできる表現

 

▼写真の楽しみ方

  1. 写真を撮る
  2. 写真を見返す
  3. 写真を発表する
  4. 写真をカタチにする
  5. 写真で仲間とつながる

 

▼写真展について

  • 地元写真ワークショップ「里ほっと」の活動
  • 一枚の作品を作り発表する喜び

 

今回、セミナーでスナップネイチャーの楽しさをお伝えできたことを光栄に思い、感謝しています。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

最初の1枚を撮るのはどこでも難しいですが、どうすれば撮れるのか?そのために必要なことは何か?そして表現がどう変わるのか?その結果は?その後の楽しみ方は?写真の楽しみ方が伝わればと作ったセミナーのスライド構成の流れです。

気軽に撮りに行きたくなり、気軽に発表したくなるといいなと作ってみたんです。

 

 

オンラインセミナー

–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –

写真集「47サトタビ」は全国47都道府県の風景写真集です。あなたの故郷があります。 WEBサイト「47サトタビ ~ 風景写真家 佐藤尚 の公式通販サイト」 にてご購入いただけます。価格は3,000円(税込)、送料は370円です。サイン入りもご用意しています。

佐藤尚写真集「47サトタビ」

 

 

 

 

関連記事